これまで何度も何度も禁煙に挑戦してきた。そして何度も何度もついついタバコに手が伸びてしまい、禁煙に失敗し、いつしか挫折してきた人は少なくないはずです。ついにこの禁煙薬をあなたが手に取る時が来たのかもしれません。そう、それがチャンピックスです。このチャンピックスはあなたの禁煙に、そして体にどのような効果をもたらすのでしょうか。

多くの人が実感する、禁煙の効果

禁煙マーク

タバコを吸う場合、長距離トラックの運転手などで大渋滞にはまってしまってストレスが溜まっている時は、多少気持ちが安定しストレスが軽減する事もあり得ますが、通常は吸わない方が相当お得になっています。

禁煙者のメリットとして経済面や健康面のほか、他人から嫌われにくくなる事や、食事が楽しくなる事などがあります。
職場内で全員が喫煙者ならともかく、通常は何人かは禁煙者が存在するため、禁煙者からみれば喫煙者はクサイと思うようになり、喫煙者は禁煙者から嫌われやすくなります。
このクサイにおいは喫煙者そのものの事ではなく、タバコ自体がクサイため長年喫煙していると喫煙者の体にタバコ独特のにおいが染み付いてしまいます。
タバコのにおいを体から除去するには一定期間の禁煙が必要で、少しやめた位では消えません。

禁煙する事で食事が楽しくなるという効果ですが、タバコそのものは味覚に直接影響しません。
喫煙者が外食する場合、喫煙ルームのある場所を選ぶ必要があり、喫煙ルームが無い場合はコンビニ等で食事を買って食べるしか手段がなくなります。
当然、禁煙者と一緒に食事をする事はできませんし、食事時間だけタバコを我慢したとしても吸いたくなったら外に出る等をしなければならなくなります。
タバコをやめる事によって、外食時のお店選びに制限がなくなり、特にコーヒーの香りが楽しめるようになります。
特に舌からタールが抜ける事により、今まで以上に味覚に敏感になりグルメになる事もあります。

禁煙する事によって大きな効果があらわれるのは、健康面と金銭面です。
仮にタバコが1箱500円として毎日1箱ずつ吸った場合、喫煙する事により毎月15000円程度お金を消費している事になり、タバコをやめた場合、この金額を別の趣味に回せるため大きなメリットになります。

長距離トラックなどを運転する仕事の場合、時間に制限がある上に大渋滞にはまったらストレスを感じる点も分かります。
好きな音楽を聴いて渋滞の時間を過ごす事や、先に近くのドライブインで休憩しておくなどの別の事に振り返る事ができればより立派です。

数字で見る、健康への効果

タバコを吸うことは様々な健康面のリスクが存在します。
タバコの煙には4000種類程度の化学物質が含まれ、そのうち200種類が有害物質で、発がん性物質が50種類以上も存在しています。
この数字だけでもガンになるリスクが高い事が分かります。
よって、禁煙する事でガンのリスクが激減し、それに伴い突然死や早死にのリスクも激減することが考えられます。

タバコの煙に含まれる有害物質のうち、特にニコチンとタールおよび一酸化炭素は世間一般で知られていますが、この他にペンキ除去剤に使われるアセトンやカドミウムなども入っているため危険です。

タバコを吸う方は吸わない方に比べて死亡率が男性で1.6倍、女性で1.9倍という数字が出ています。
男性は1年間に概ね60万人が亡くなっていますが、この中で概ね13万人は禁煙していれば亡くならずにすんだ方たちと考えられています。
タバコによるガンの危険性はタバコをたくさん吸えば吸うほど加速します。
1日に吸う本数に喫煙年数を乗じて計算した喫煙指数が400未満の場合、禁煙者と比較してガンのリスクが2.5倍になり、喫煙指数が1200を超えるヘビースモーカーの場合は、ガンのリスクが禁煙者と比較して6.4倍にもなります。

タバコに含まれるニコチンは依存性の強い物質のため、タバコをやめるのは困難な部分もあります。
特に子供がいる場合は、子供の手本になるように目覚め、余った金銭を家族旅行などにまわせば家庭に喜びがあふれ、禁煙して良かったと実感できるようになります。

女性の場合、タバコは肌にも影響するため長い期間吸うことにより老化が禁煙者と比べ早くなるため危険です。
結婚などを機に本来の自分のあり方に目覚めてはいかがでしょうか。
禁煙してしばらくするときれいな肌が実感できるようになり、少しずつ楽しい生活が送れるようになります。