これまで何度も何度も禁煙に挑戦してきた。そして何度も何度もついついタバコに手が伸びてしまい、禁煙に失敗し、いつしか挫折してきた人は少なくないはずです。ついにこの禁煙薬をあなたが手に取る時が来たのかもしれません。そう、それがチャンピックスです。このチャンピックスはあなたの禁煙に、そして体にどのような効果をもたらすのでしょうか。

禁煙といえばチャンピックス!

チャンピックス

禁煙をしようとしていきなりタバコを1本も吸わない生活を始めても、なかなか長続きはしないものです。
意志の弱さだけではなく、タバコを吸うことでストレスが解消されていたり、習慣化してしまっている場合には、いきなり止めてしまう弊害の方が大きくなることもあるからです。
そんなときに禁煙を手助けしてくれるのが禁煙補助薬です。中でも処方薬のチャンピックスは効果が高いと言われています。

タバコを吸うと、脳の中にあるニコチン受容体にニコチンが結合し、快感を感じさせる物質、ドパミンが放出されます。
これがニコチン依存症を引き起こす原因です。
タバコをおいしいと感じ、ニコチンを体に取り入れることによって快感を得るのです。

チャンピックスはこの仕組みをうまく活用し、ニコチンは含んでいない薬剤なのですが、ニコチンと同様に受容体と結合します。
すると、本物のニコチンより微量のドパミンを放出します。そうすることで、脳はタバコを吸ったときと同じ快感を得ることができます。
つまり、イライラなどのニコチン切れの症状を軽減しつつ、喫煙を減らしていくことができるのです。
チャンピックス服用中に喫煙をしても、ニコチンが受容体と結合することを邪魔する機能もあるので、服用以前のようなドパミンが放出されず、タバコのおいしさも感じにくくする作用もあります。

これを繰り返し行っていくことで徐々にタバコのおいしさも感じられなくなり、タバコを吸わなくてもチャンピックスの作用による快感だけで我慢できるようになり、たがてタバコを止めることができるようになるのです。

チャンピックスは既出の通り処方薬なので、医師の診断による処方箋が必要です。
健康保険等の適用もあります。
処方のためには禁煙外来などでの医師による診察を受ける必要があります。
ここでは医師の管理のもと、禁煙スケジュールを立て、それに従って治療を進めていきます。
チャンピックスによる治療は約3カ月を目安に行っていきます。

チャンピックスに副作用はある?

医薬品である以上、どんなものでも副作用はあります。
もちろん、その症状の出方は人によってさまざまですが、必ず副作用があるということは覚えておいてください。
報告されている主なチャンピックスの副作用としては、吐き気、頭痛、便秘、上腹部痛、お腹のハリ、不眠などがあります。
これらの症状がチャンピックス服用後に現れた場合には、服用を中止して医師に相談してください。

服用する場合に注意すべき人は、これまで何かの薬剤の服用でアレルギーが出たことがある人、精神疾患がある人、腎臓の疾患を持っている人、ほかに薬剤を服用している人、妊娠中または授乳中の女性、未成年者などです。
とくに禁煙を行うことは、病院での治療をしているしていないに関わらず、さまざまな症状が現れることが多いものです。
たとえば、気分が落ち込んでしまったり、不安感が増幅したり、あせりを感じてしまう人などもいます。
なかには自殺をしたいと考える人もいるといいます。

これはニコチン切れの症状で、これまでニコチン依存をしていた人がそれがなくなってしまったことによってイライラが募ったり、一時的に症状を悪化させてしまうことで起こります。
喫煙をしていたときからこういった精神疾患のあった人がチャンピックスを用いて禁煙を行うと、その症状がさらに悪化することもあります。
もし、少しでも気になる症状や不安に思うことがあれば、些細なことでも必ず医師に話してください。
チャンピックスの服用を止める、またはほかの症状を軽減しつつ治療を続けるなどさまざまな選択肢を考えてくれるでしょう。

また、もう一点注意すべきなのは、チャンピックスと同時にほかの禁煙補助薬を併用すること。
これは決してやってはいけません。禁煙補助薬にはほかにニコチンパッチとニコチンガムがあります。
これらを併用することは大変危険です。自分に合った方法を選択し、1種類だけを使用するようにしてください。