これまで何度も何度も禁煙に挑戦してきた。そして何度も何度もついついタバコに手が伸びてしまい、禁煙に失敗し、いつしか挫折してきた人は少なくないはずです。ついにこの禁煙薬をあなたが手に取る時が来たのかもしれません。そう、それがチャンピックスです。このチャンピックスはあなたの禁煙に、そして体にどのような効果をもたらすのでしょうか。

電子タバコやそれに類するものを紹介

電子タバコの代表的な存在として紹介されているのがVAPEと呼ばれるものです。
特徴はリキッドと呼ばれる液体を自由に換えて楽しめることです。
リキッドの種類は豊富で、タバコ味やミント味、フルーツ味など、様々なタイプが存在し好みに合わせて選択できます。
また、パーツを組み換えることでカスタムを楽しむこともでき、例えば水蒸気が沢山発生するようにする、デザイン性の高いパーツでオシャレに楽しむ、大容量のバッテリーで長く使えるようにするなど、任意の扱い方で利用することが可能です。

電子タバコに似たアイテムとしては、アイコスをはじめとした加熱式タバコも挙げられます。
アイコスなどはれっきとしたタバコなのが大きな特徴です。
従来の紙巻タバコとは形態が異なるだけであり、ニコチンを含むタバコには違いありません。
未成年では利用することはできず、外で吸う場合は指定された喫煙場所以外では利用できないこともあります。

加熱式タバコの種類としては、代表的なのが一番最初に誕生したアイコスです。
最も紙巻タバコの感覚に近いとされ、スムーズに移行もしやすい存在と言えるでしょう。

続いて紹介するのが二番目に登場したプルームテックです。
プルームテックはアイコスと仕組みにやや異なる面があります。
アイコスはタバコの葉を加熱して発生する蒸気を吸うタイプですが、プルームテックは一旦蒸気を発生させた後、タバコ葉入りのカプセルを通った蒸気を吸うというものです。
そのためアイコスの方がより本物のタバコに近い感覚で吸うことができ、そうした点もユーザーから支持されているところと言えます。

最後に紹介するのがグローという加熱器タバコです。
3番目に登場した製品で、先に登場した製品らと同じく支持を集めています。
加熱方式は差し込まれたスティックを全体から温めるというものです。バッテリーと本体が一体型ですので連続して吸うことができます。
グローの風味はアイコスとプルームテックの中間と評価されることが多いです。

電子タバコに害はないの?

アイコスやプルームテック、グローに関しては吸うことで害があると言えます。
紙巻タバコと比較すると害は小さいとされているものの、ニコチンを含む本物のタバコには違いありません。
健康にも影響はあり、無害として利用することはできないのです。

一方のVAPEをはじめとするとする電子タバコの害についてですが、こちらに関してはニコチンは含んでいません。
発生するのは単なる水蒸気で、加熱式タバコとは一線を画す存在と言えます。
ただ健康に対して確実な安全が保障されているわけでもありません。

理由のひとつが長期的な使用におけるデータがまだ少ないからです。
電子タバコは歴史がそこまで長くなく、水蒸気を吸うことにおける影響がどの程度のものなのかが正確には明らかになっていません。
安全に使えると言われている一方、データが少ないことによる不明点も存在しますので、確実に安全かどうかの答えが出るのは先のことになると言えます。

有害物質を含むリキッドの存在も安全性に懸念が持たれる理由です。
リキッドにはフレーバーが仕込まれていますので、それを水蒸気にして楽しみますが、粗悪な物ですと有害物質も含まれていることがあるのです。
過去には実際に危険な物質が検出された例もあり、安全性において不安視されたこともあります。

ニコチン入りのリキッドが存在する点にも注意が必要です。
本来はニコチンが含まれていないことが売りだったはずの電子タバコですが、ニコチンが含まれていることが明らかになったことがあります。
ただ、それを承知の上で利用されることもあるようです。
タバコの代わりとして使えてしまうため、敢えてニコチン配合のリキッドを選ぶユーザーも存在します。