チャンピックスの副作用を抑える

NO IMAGE

軽度な副作用は頭痛や倦怠感

チャンピックスは禁煙補助の薬で、多くの人に利用されています。

軽度な副作用として挙げられるのは、頭痛や倦怠感、吐き気、食欲不振、不眠、眠気などです。まれに、便秘や腹痛を引き起こす場合もあります。また、イライラや悪夢を見るなど、精神的な症状があらわれる可能性もあります。副作用には個人差があり、すべての人にこのような症状が起こるわけではありません。

チャンピックスを使い始めておよそ2週間で、頭痛が起こることがあります。頭痛は時間の経過とともにおさまっていきますが、あまりに痛い場合は医師に相談し、痛み止めを処方してもらうとよいでしょう。

チャンピックスは禁煙に最適な薬です。しかし、脳に作用する薬なので、重い副作用のリスクもあります。チャンピックスを使っていて、体に何か変化が起きたら、小さなことでも医師に相談しましょう。

まれに精神的な症状が出るので注意!

チャンピックスは脳に作用する薬です。そのため、ごくまれに重い副作用を引き起こす可能性があるので注意しましょう。

チャンピックスの重い副作用として、意識喪失が挙げられます。そのため、チャンピックスを服用するときは、車の運転や機械の操作をしてはいけません。

うつや焦燥感、不安が原因の不眠が起こる場合もあります。また、精神疾患の治療薬を飲んでいる人は、チャンピックスの服用は慎重に検討しなければいけません。チャンピックスを使うと、精神疾患の治療薬の効果を、過剰に高めてしまう可能性があるからです。

他にも、血圧値の異常や震え、肝機能障害のほか、唇や喉、顔の腫れ、皮が剥けるといった副作用も報告されています。チャンピックスを服用して体に異変を感じたら、すぐに医師に報告しましょう。